しむら整形外科

リハビリ案内

当院のリハビリテーション

当院のリハビリテーションはウォーターベッドや電気治療器などの『物理療法』と理学療法士による『理学療法(運動療法)』を行っております。

しむら整形外科は、国家資格を有する理学療法士が常勤しております。(男性2名 女性1名)
理学療法では、痛みや体の動かしにくさにより仕事や家事など日常生活に支障をきたしてしまった患者様に寄り添い、評価に基づいて適切なリハビリテーションを提供しています。

歩くと膝が痛い、腰が痛くてかがめない、腕を動かすと肩が痛い、慢性的な肩こりに悩まされているなどの症状がありましたら、医師の処方を受け理学療法士が姿勢や動作をみて患者様一人一人に合わせた徒手療法や運動療法を組み合わせて治療をいたします。

痛みのある部位だけでなく、姿勢や動作、生活習慣などから痛みの原因を探り疼痛の改善を目指します。

また、スポーツにより生じてしまった痛みに対し、ストレッチ方法や動作指導、各種トレーニングの指導を行い、早期の復帰、再発予防に向け治療をいたします。

リハビリテーションの方針

  • 理学療法士による1対1での運動器リハビリテーションを提供しています。
  • 痛みの原因を評価し丁寧な説明を行い患者様が納得した上での治療を行っています。
  • 治療の中で患者様がご自宅で実践できるホームエクサイズの指導・やり方のアドバイスを行っています。
  • 患者様と治療目標を共有しできるだけ早期に目標を実現できるよう取り組んでいます。

適応疾患の例

関節疾患関節疾患
首・肩・腰・股・膝など各関節の痛み
神経障害神経障害
頸・腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、末梢神経絞扼障害
外傷疾患外傷疾患
骨折、脱臼、捻挫、交通外傷
スポーツ障害スポーツ障害
肉離れ、オスグッドシュラッター病、シンスプリント、アキレス腱炎、足底筋膜炎
術後リハビリテーション術後リハビリテーション
人工関節術後、靭帯損傷術後、骨折術後

当院では手術は行っていませんが、他院での手術を行い退院した後のリハビリも受け入れております。

※リハビリの治療にあたり、実施計画書を作成し、ご本人に治療方針を説明し、同意を得て治療いたします。

物理療法

当院は最新の物理療法機器を導入しています。主に電気治療器や超音波器による鎮痛作用や柔軟性の向上、筋力の増強が期待できます。ウォーターベッドやホットパックによりリラクゼーション効果により鎮痛作用が期待できます。

電気治療器

電気治療器 (低・中周波・干渉低周波・微弱電流・バーストNMES)

カイネタイザー ミナト医科学

中周波領域を用いたスーパータイダル波は皮膚バリアを突破する際の痛みと不快感を抑えて心地よい刺激を与え、今までにない治療感覚を得られます。また低周波や中周波、干渉波など多様な周波数を組み合わせることにより柔らかい刺激や力強い刺激などにより多様な筋の収縮を促進し、疼痛の軽減、循環の改善を期待できます。

ハイボルテージ電気刺激治療器

ハイボルテージ電気刺激治療器

フィジオアクティブ 酒井医療

瞬間的に高電圧の電流を流すことで、皮膚抵抗を最小限に抑え、刺激感が少なく、深部まで治療が可能です。温熱効果による疼痛の改善や治癒促進効果が期待できます。EMSモードでは筋萎縮の改善や筋力トレーニングにも使用できます。

超音波治療器

超音波治療器

フィジオソノ 酒井医療

超音波による温熱の効果とマイクロマッサージ効果により筋肉や組織の柔軟性を高め、関節可動域の改善、疼痛の軽減、治癒の促進が期待できます。超音波の周波数により浅部から深部まで広範囲な治療が可能となっています。また非温熱での治療も可能なため急性期から慢性期まで幅広く使用が可能です。またフィジオソノはハイボルテージ電気刺激治療器(フィジオアクティブ)と同一部位に組み合わせて治療が可能なため、超音波と電気刺激の相乗効果によりさらなる疼痛の軽減や可動域の改善、循環の改善が期待できます。

ウォーターマッサージベッド

ウォーターマッサージベッド

アクアタイザー ミナト医科学

強くやさしい水のマッサージ刺激により快適で深いリラックス効果が得られます。従来のマッサージパターンとは異なり特定の筋肉を刺激するように動くため、首からつま先まで全身の筋肉をほぐし柔軟性の向上が期待できます。さする・こねる・もむ・おす・たたく・なでる・のばすなど多彩なマッサージパターンでさまざまな方の好みに対応できます。

乾式ホットパック

乾式ホットパック

乾式ホットパック

体に熱エネルギーを加えて、リラックス効果による筋緊張の緩和や疼痛の軽減、循環の改善が期待できます。また温熱治療に加えて心地よいリズムマッサージ機能もあるため温熱とマッサージ効果により、より深いリラックス効果と疼痛の軽減が期待できます。

ご来院される方へ

  • できるだけ動きやすい服装でお越しください
  • 理学療法は完全予約制のため初診日にリハビリテーションが受けられない場合もありますのでご了承ください

インソールの作製について

インソール(靴の中敷き)とは?

歩行や運動時などに発生していると思われる様々なトラブルに対して、主に靴とインソールを用いて足元から動作のバランスを整え痛みの原因となっている動きを変化させます。また動きが変化することで動作の効率を良くしパフォーマンスの向上を図ることができます。

適応症状

  • 歩くと腰や関節が痛い
  • 立ち仕事などずっと立っていると腰が痛くなってしまう
  • 運動時に痛みがある
  • 運動をしていて怪我が多い
  • 足にタコがあり痛みがある
  • 歩きや姿勢が気になる

適応疾患

  • 偏平足、開長足、外反小趾、内反小趾
  • 変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性足関節症
  • 腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア
  • 足底筋膜炎、アキレス腱炎

インソールの作製の流れ

1 リハビリの処方後に理学療法士が問診にて症状を詳しくお聞きします
2 体の状態、足の大きさ、靴や歩き方、動き方の評価を行います
足の分析結果
3 評価をもとに足底板の作製を行います
足底板作製機

グラインダーという専用の研磨機で削ったりパッドを付加したり、 動きや症状に合わせてミリ単位で厚さの調整を行います。

4 実際に靴にインソールを挿入し症状が改善しているか、歩き方や動き方の確認をします
インソール試作品

※1時間程度要しますがその日のうちに履いて帰れます。

5 インソールを1~2週間履いていただき症状が改善しているかどうか再度確認・調整を行い完成となります

※調整に何度か(1~3回程度)来院していただく場合もございます。

インソール(中敷き)を作成希望の方へ

  • 必ず1度は医師の診察が必要になります
  • 動きを変化させるため基本的に両側に作成します
  • 靴の中にインソールを挿入するため、なるべく中敷きの外れる靴をご用意ください。
    ※長靴や学校用の上履き、パンプスなど中敷きがない、外れない靴にも作成が可能な場合もありますのでご相談ください
  • 出来るだけ動きやすい服装でお越しください
  • どのような靴が良いかなどの御相談も承ります

料 金

インソール作成費用として通常のリハビリ診療費以外に別途、料金を頂戴していますので、ご了承ください。

PAGE TOP